国内石油製品チームでは、下記マーケットの仲介業務、
並びに市況情報をご提供させていただいております。

情報提供・ヘッジの提案をはじめ、条件のすり合わせや交渉など、当社による仲介を通して取引に参加する企業数も日々増加し、石油・エネルギー業界においてニーズは着実に高まっております。

日本国内 元売、総合商社、燃料商社、外資系銀行、特約店など、様々な参加者により取引が行われております。

現物市場

GINGA ENERGY JAPAN の一番の強みは、国内石油製品の現物取引です。
2007年6月に現物仲介業務を開始して以来、常にリーディングカンパニーの地位を保ち続けています。

スポットマーケット(現物取引)

スポット マーケットとは?

「業者間転売市場」とも言われます。過剰に生産された製品を自社販売ルート外で転売する市場を指します。長期契約に拘束されずに、必要に応じてその都度手当てされる現物契約で需給面では調整弁的な役割も果たし、また卸価格の指標のひとつともなります。海上マーケットはバージ船を使用し、数100KL単位というまとまった数量が、元売・商社・大手石油販売業者間で取引される市場です。陸上マーケットは元売りや二次業者から、末端のガソリンスタンド向けに、タンクローリーで卸す市場です。

国内石油製品 現物 海上マーケット 国内石油製品 現物 陸上マーケット
GINGAではJAPAN OIL EXCHANGE (JOX)との提携により、元売り、大手商社、燃料系ディーラーなどの幅広いプレーヤーの方を取引パートナーとして仲介させていただいております。
日々の売買ナンバーや情報がGINGAに多数集まってきており、マーケットの価格形成に影響を与えています。
激動する市場環境の中、業転市場で少しでも有利な玉を調達・売却することが重要になってきています。
また、今回の東日本大震災では、改めて調達ソースの多様化の必要性が認識され、業転市場が注目されています。GINGAでは北海道、東北、京浜、中京、阪神、から大西エリアまで全国的に顧客を網羅しており、調達ソースとしてお役に立てると確信しております。
各地の製油所や油槽所出し、SS届けにも対応、タンクローリー1台のお取引から仲介致します。

フォワード マーケット(先渡し取引)

先渡し取引とは、あらかじめ値段と数量を決めて、相対で、将来の決められた期日に売買を行うことを約束する取引の事を言います。先物取引が差金決済ができるのに対し、先渡取引は現物決済が原則です。

先渡し取引の良い点は、将来の受け渡し日における値段が既に決まっていますので、将来の価格変動の影響を受けないという事です。これにより、売る方も買う方も将来の事業計画を立て易くなります。

GINGAでは海上・陸上マーケットで先渡し取引も仲介しています。

ペーパー市場

昨今の原油価格の乱高下など、石油製品は常に大幅な価格変動リスクにさらされています。変動する現物価格をヘッジするために、ペーパー市場で効率的な取引をする必要があります。

ペーパー市場の種類としては、先物取引、スワップマーケットなどがあります。GINGAでは、主に下記の種類のペーパー取引を扱っています。

スワップマーケット

スワップ取引とは、変動する将来の月間平均価格(変動価格)を固定価格に置き換える取引で、現物受渡しはなく、差額精算(スワップ取引で契約した月の実際の月間平均価格とスワップ取引で契約した固定価格との差額)のみを行うペーパー取引です。ここで、スワップを買うという行為は、固定価格を買い、同時に月間平均価格(変動価格)を売ることになり、またスワップを売るという行為は、その逆を行うことになります。

リムスワップ(RIM SWAP) ラックスワップ(RACK SWAP)
リムスワップは、RIM社発行のRIM海上価格を指標とし取引されます。海上のリムリンク価格の仕入れなどのヘッジに使います。 元売各社が新仕切り体系へと移行したのに伴い、RIM社発行の陸上RACK価格が指標として取引されるようになりました。
この方式により、仕切り価格が日々変動することが予想され、それに対してのヘッジニーズが急増しています。GINGAではお客様のニーズを察知し、陸上価格連動のラックスワップをいち早く提案しました。
ラックスワップもリムスワップと仕組みは同様で、RIM社発行の陸上RACK価格を指標とし、取引されます。

商品先物取引-TOCOM((株)東京商品取引所)

商品先物マーケットには、将来の価格の予測、ヘッジ(保険つなぎ)ツール、現物の受渡しなどの機能があります。GINGAでは、現物・先物情報・スワップも含めたヘッジ方法の提供などトータルにサポート致します。

石油製品の先物取引は公設市場である東京商品取引所で行われており、原油、ガソリン、灯油、軽油の4油種が上場されています。各油種50KL単位(東京市場)若しくは10KL単位(中京石油市場)。各限月6ヵ月以内の取引が円建てで行われています。

仲介先に有力商品先物取引業者(日産証券株式会社)を起用 受渡し業務

【岡藤商事株式会社】
東京商品取引所と大阪堂島商品取引所の取引参加者です。岡藤商事の持ち株会社である岡藤ホールディングス株式会社は東京証券取引所ジャスダック市場に上場しております。関東財務局長(金商)第2608号
関東財務局長(金仲)第582号
農林水産省指令28食産第3988号
経済産業省20161108商第10号
[ 商品先物取引法第240条の13(広告等の規制)「顧客の判断に影響を及ぼすこととなる重要なものとして政令で定めるもの」についての留意事項 ]

東京商品取引所の仲介業務に参入後、着実に受渡し実績を増やしております。
経験豊富な担当が、長年培ったノウハウでスムーズな受渡を実現します。
条件調整・申告受渡、ETP(先物と現物交換)・ETS(先物とSwap交換)にも対応しており、GINGAの持つ幅広いネットワークから取引相手を探すことが可能です。
今後お客様の希望の場所での受け渡しができるようなシステムを目指しています。

[ 勧誘方針]

コンサルティング業務

現物・スワップ・先物を総合的に扱えるGINGAだからこそできるトレーディングの提案および勉強会を行っています。勉強会は会社単位の少人数から受け付けております。

2010年にはタンクオペレーションのコンサルティングも実施しました。お気軽にお問い合わせください。